CBDの摂取量と副作用

カンナビジオール(CBD)は、大麻植物に含まれる60種類の天然カンナビノイドの1つです。 多くの人に知られているテトラヒドロカンナビノール(THC)とは異なり、CBDは精神活性要素はなく安心と利益を提供することができます。 

これまでにCBDの潜在的な利点を示してきましたがユーザーが知っておくべき既知のCBDオイルの副作用について示します。

1人が安全に消費できるCBDの量

 カンナビジオールおよび他のカンナビノイドは無毒であることが知られており、致命的な過剰摂取レベルはこれまで報告されていません。  

2011年からの前述の研究は、人間には最大1,500mg /日の高用量が許容されることを示しました。 

保健福祉省は、CBDの大量の急性用量でも毒性や重篤な副作用の兆候は観察されていないと述べています。  使用料は700mg /日(Consroe et al、Pharmacol、Biochem、Behav、40、701-708,1991)。

 潜在的なCBDオイルの副作用

 複数の研究は、CBDが消費に対して全体的に安全であることを示唆しています。 しかし、私たちの普段使うものの潜在的な欠点を知っているべきです。 

以下では、記録された各研究の結果と、CBDの安全性と既知の副作用に関するレビューについて説明します。

 カンナビジオールの安全性と副作用

 ごく最近、2011年に、カンナビジオールの安全性と副作用に関するレビューにより、CBDが肝薬物代謝、受精能力の低下、またはp糖タンパク質の活性低下を妨げる可能性があることがわかりました。 

薬剤師や医師から、処方薬を服用している間はグレープフルーツを飲んだり食べたりしないようにと言われたことはありますか? グレープフルーツとCBDは、肝臓にある酵素であるP450に対して同様の効果があり、処方薬と相互作用を起こす可能性があります。大量に摂取した場合、CBDはP450の代謝特性を阻害し、体のシステム内の他の医薬品の影響を一時的に中和する可能性があります。(CBD使用前には専門医への相談をお勧め致します)

 2006年の調査アルゼンチンの調査

 2006年に、科学者のグループは、人間の唾液腺にカンナビノイド受容体があると仮定しました。 彼らの仮説は正しかったようです。

CBDが内在性カンナビノイドシステムと相互作用すると、唾液の分泌が阻害され、一部のユーザーに喉の渇きをもたらします。

 CBD摂取量について

 少量のCBDから始めて、ご自身に合った量まで上げてください。 自己投与(CBDオイル、ベイプ、局所クリーム)に不安がある場合は、好みのCBDを事前に投与したCBD製品(CBDグミ、カプセル)を試してください。 あらかじめ量が調節してあるカプセルなどのCBDは、カンナビジオール製品を試したことがない初めてのユーザーにとって特に便利です。

このように、CBDの副作用の可能性をまとめると、安全な物質であることを支持する証拠が多く挙げられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です