CBDは炎症を和らげるのに役立つか

筋力トレーニングによって鍛えことは、身体の強さと持久力を構築するのに役立ちます。

ただし、これらのメリットには、価格、痛み、こわばり、一時的な身体機能の低下が伴います。

負荷を徐々に上げようとしている場合でも、新しいフィットネスルーチンを開始しようとしている場合でも、競技会用のトレーニングをしている場合でも、過労状態の体を保護するのに役立つ炎症誘発性の不快感は、パフォーマンスの目標を妨げる可能性があります。

市販の薬を使用して時折の不快感を和らげることはできますが、頻繁に使用すると、かなりの数の憂慮すべき副作用が発生する可能性があります。

何年も使用してきた薬の代わりに、自然の植物ベースであるCBDを試すことが近年話題になってきています。

2000人のCBDユーザーの内部調査から収集されたデータに基づくと、88%が活動誘発性炎症のためにターメリックよりもCBDが好評でした。

ターメリックの活性植物化合物であるクルクミンは、筋肉の回復をサポートし、治癒を促進し、運動による酸化ストレスを軽減するのに役立つ鎮痛、抗炎症、抗酸化の特性を持っていることが示されています。

炎症が回復を遅らせる理由

炎症は防御機構であり、免疫システムがあなたの体を保護する方法の1つです。
炎症には慢性と急性の2種類があります。
慢性炎症は、自己免疫疾患、過体重、ストレス、または睡眠不足によって引き起こされる炎症のタイプであり、運動量を上げると、慢性炎症のリスクを減らすことができます。

過労した筋肉や関節は、足首のねじれ、骨折、感染症などと同じタイプである急性炎症の影響を受けやすくなっています。
この炎症反応は、損傷した組織をさらなる損傷から保護するのに役立ちます。

あなたが感じる不快感は、筋肉繊維への微視的な損傷によって引き起こされます。
プラス面として、負傷した筋肉への血流が増加すると、特殊な白血球が細胞の残骸を取り除き、修復を開始します。
しかし、落とし穴があります。 激しい活動中に損傷した筋肉の修復を助ける炎症は、周囲の組織に二次的な損傷を引き起こす可能性もあります。

二次的損傷は、損傷した組織を修復する白血球によって放出されるフリーラジカルによって引き起こされると考えられています。
炎症が治まり、筋肉や関節が回復する前に同様に激しい身体活動に従事すると、組織の外傷と慢性炎症の継続的なサイクルを引き起こす可能性があります。

ここまで炎症のメカニズムについて示しました。

*
さて、麻由来のCBDはどう役立つのでしょうか。
麻由来のCBDとは何ですか?
CBD(カンナビジオール)は、麻(HEMP)に自然に含まれる100を超える成分(植物性カンナビノイド)の一つです。CBDが抽出される原料は、中毒を引き起こすのに十分なTHC(テトラヒドロカンナビノール)が含まれないため産業用大麻として分類されています。

作物が成熟すると、カンナビノイドが豊富な油が植物の茎から抽出されます。

その抽出されたオイルは、人気のある健康とウェルネス製品、CBDチンキ剤、局所用、カプセルなどを幅広く製造するために使用されます。

なぜ人々は炎症にCBDを使用しているのですか?

近年、自然の健康とウェルネス製品の人気が上がっております。こういったデータは、健康志向の消費者が苦痛の原因に取り組むことに関心があることを示唆しています。
また、精神的、肉体的、感情的な幸福をサポートする自然な健康とウェルネスの選択肢に目を向けていると考えられます。

2000人のCBDユーザーのフィードバックに基づいて、調査参加者は、身体活動後の炎症を軽減することは、CBDを使用する理由の1つだと言います。

調査回答者は、活動に関連するこわばりや不快感を減らし、睡眠を改善し、よりリラックスした気分にするためにCBDを使用していると報告しています。

CBD製品は誰にとっても安全ですか?
CBDは安全で自然な植物ベースのオプションであり、ほとんどの人に十分に許容されています。 軽度の副作用のリスクも非常に低いです。
CBDによる口渇、倦怠感、または消化器系の不調を経験した場合は、通常、1食分量を減らすことで問題は解決します。

しかし、CBDが注入された製品はすべての人に適しているとは限りません。
世界保健機関(WHO)は、CBDの使用による副作用は通常、市販薬や処方薬との植物の相互作用によって引き起こされると指摘しています。
病状がある場合や薬を服用している場合は、事前に医療提供者に相談することをお勧めします。

人気NO.1 CBDオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です