ペットとCBD

犬のためのCBDオイルのメリット

 CBDは体が必要とするものに応じて、さまざまな生物学的プロセスを増加または減少させる『双方向』効果をもたらします。これは簡単に身体調整とも言われています。

 この効果を通じて、CBDはさまざまな臓器系のバランスを回復するために使用することができます。 

そのため、CBDオイルは、症状がない健康な犬と比較して、痛みや不安などの症状がある犬(および人々)に非常に強い効果が期待できると言われます。

 日本ではまだ使用者は少ないですが、欧州の人々が犬にCBDオイルをどのように使用しているかは次のとおりです。

 ・加齢に伴う病気を遅らせたり予防したりするための毎日の健康補助食品として

 ・関節炎または他の形態の慢性股関節、背中、または関節の痛みを管理するため

 ・緊張の強い犬の不安を和らげるため(分離不安または他の形態の不安)

 ・長いドライブ中の睡眠を促進するため

 ・ストレスの多いイベント中(グルーマーを訪問したり、自宅でパーティーを主催したりするなど)に犬がリラックスできるようにするため

 ・アレルギー反応や皮膚の発疹を軽減するため

 ・消化器系の健康(潰瘍性大腸炎など)をサポートするため

 ・乾燥肌や炎症を起こした肌を落ち着かせる

 ・特定の病状を治療するため(獣医の承認を得て)

*

*

*

 1.関節炎の犬のためのCBDオイル

 犬は年をとるにつれて、関節に変性損傷を被ることがよくあります。 関節炎は10歳以上の犬によく見られ、生活の質を劇的に低下させる可能性があります。

 CBDオイルは慢性関節炎に関連する痛みや炎症を軽減することが示されており、早期に開始した場合、病気の進行を予防または遅らせるのに役立つ可能性があります。

 関節炎の犬にとってのCBDに期待できる主な利点は次のとおりです。

 ・関節の痛みに寄与する炎症を軽減

 ・慢性的な痛みを和らげる

 ・関節組織のより速い回復を促進

 ・慢性的な痛みの副作用を軽減

 2.不安のある犬のためのCBDオイル

 犬は、若いうちの分離不安、虐待的な過去からの心的外傷後ストレス、雷や隣の建設などの大きな音への恐怖など、さまざまな形の不安に苦しむ可能性があります。

 多くのペットの飼い主は、CBDオイルを使用して、中枢神経系を調節し、過活動の精神状態を軽減する効果を期待して、犬の慢性的なストレスや不安をサポートしています。

 他の犬に不安がある犬のためのCBDオイルに期待できる利点は次のとおりです。

 ストレスホルモンの分泌を減らす

 脳の多動性の緩和

 気分のサポート

 3.てんかんと発作の障害を持つ犬のためのCBDオイル

 発作障害(てんかんなど)は犬に比較的よく見られます。 多くの場合、発作の根本的な原因は発見されていません。 代わりに、獣医は強力な抗けいれん薬で状態を治療します。 一部のペットの飼い主は、ペットの状態を管理するために、代わりにCBDオイルに目を向け始めています。

 発作のある犬にとってのCBDオイルに期待できる利点は次のとおりです。

 ・筋肉のけいれんを軽減

 ・発作の負の副作用を軽減

 ・ニューロンの健康を保護

 ・脳内のGABA活性を促進

 ・バニロイド受容体を調節

 4.癌の犬のためのCBDオイル

 10歳以上の犬のほぼ50%が癌の診断を受けます—そのうちの半分だけが治癒可能です。 ほとんどの癌治療レジメンは、それらとともにさまざまな負の副作用をもたらします。

 ペットの飼い主は、癌治療の副作用(吐き気、不安、不眠症、倦怠感)をサポートするためにCBDオイルを使用しています。 癌治療を受けていないペットにとっても、慢性的な痛みや不安などの癌自体の症状を緩和するのに役立つと言われています。

 犬の癌を患っている犬のためのCBDオイルの利点は次のとおりです。

 免疫系が癌細胞の早期発見を助けるかもしれません

 がん関連の痛みを和らげる

 がん治療の一般的な副作用(下痢、吐き気、不眠症)を軽減

 がん性腫瘍の成長を遅らせる

*

*

*

 あなたが犬のためにCBDオイルを購入する前に気を付けること

 新しいCBDオイル(犬または人間用)を試すときは、詐欺または無力なCBDオイルにお金を浪費しないように、次の質問をしてください。

 1. そのCBDオイルはどのくらい強いか?

 CBD製品にはさまざまな長所があるため、犬に与える前に製品の強さを知っておくことが重要です。

 2.CBDの含有量

ボトルmlに対してどのくらいのCBDが含有されているか。

3.オイルは第三者機関(サードパーティ)によってテストされていますか?

 サードパーティのテストは、企業が自社の製品の安全性の裏付けのために行うことです。 このプロセスは、CBDサンプルを独立したラボに送り、そこで汚染物質を探し、CBDやその他の成分の真の濃度を決定することで機能します。

 CBD企業がサードパーティのテスト結果を自社のWebサイトに投稿していない場合は、投稿しているブランドに移行することをお勧めします。  

*

*

*

ペット用のCBDオイルと人間用のCBDオイル:違いは何ですか?

 CBDは犬でも人間とまったく同じように機能します。したがって、犬用に設計されたCBDオイルは、人間用に設計されたCBDオイルと根本的に違いはありません。

カフェインやテオブロミンなどの添加物がない限り、犬と一緒に使用しても完全に安全です。

 ペット特有のCBDオイルが異なるのは、フレーバー(ベーコンや牛肉など)や最大投与量です。

 人間の場合、2500または4000mgの用量に達するCBDオイルを簡単に見つけることができます。

実はこれは犬には多すぎます。 

これらのオイルを犬に使用するには、投与量を非常に注意深く数える必要があります。

 150 – 300 mg —小型犬に最適

 300 – 600 mg —中型犬に最適

 600 – 1200 —大型犬に最適

*

*

*

 ペットのCBDオイルが通常のCBDオイルよりも高価な理由

 ペットのCBDオイルと人間のCBDオイルの一般的ですが残念な違いの1つはコストです。ペットのオイルは、同等の「人間の」CBDオイルよりも平均して15〜30パーセント高価です。

 犬用に作られたCBDオイルは本質的に人間のオイルと変わらないという事実についてはすでに説明しました。 では、なぜペットオイルの方が高いのでしょうか。

 真実は、ペット製品には常にマークアップが付いているということです。これはCBD業界に固有のものではありません。

 市場調査によると、ペットに優しいラベルが貼られた製品により信頼が高まります。

自分たちが購入しているものがペットにとって安全であるという信頼の追加ラベルは、製品をより価値のあるものにします。

*

*

*

 あなたの犬にCBDを投与する方法:

 犬にCBDオイルを与えるのは簡単です—2つの主な方法があります。

①犬の餌にCBDオイルを加えるだけです。

②CBDオイルを数滴直接犬の口に落とし、鼻を数秒間閉じたままにすることです。 これは犬にCBDオイルを飲み込ませるでしょう。

 これは犬に薬を与えるための標準的な方法です。 この方法は用量の100%が実際に飲み込まれたことを保証します。

 CBDオイルは犬にとって安全ですか?

 CBDは犬を含むすべての哺乳類にとって安全です。

 これまでに犬を使ったCBDオイルに関する研究はわずかしかありませんが、オイルが安全であることを証明するために、人間やげっ歯類などの他の哺乳類で多くの研究が行われています。

 非常に高用量のCBDオイルでさえ、副作用がほとんどまたはまったくなく、持続的な損傷がないことが示されています。

 CBDオイルはとても安全であるものかもしれませんが、あらゆる種類の健康補助食品を使用するときは常に副作用の可能性があります。

 CBDの最も一般的な副作用はすべて軽度です。一般的な副作用には消化不良、倦怠感、めまいなどがあります。 これらの効果は、CBDオイルがすり減ると治まります。

 動物と一緒に安全に使用できるようにするために、CBDを購入する際に知っておくべき非常に重要なポイントがいくつかあります。

 常に信頼できる所から購入する

 あなたの犬と一緒に1000mgより強い製品を避けてください

 犬におけるCBDの潜在的な副作用

 消化不良

めまい

 倦怠感

 吐き気/嘔吐(まれ)

 口渇

 下痢

 食欲不振

 皮膚の発疹(まれ)

 子犬にCBDオイルを使用できますか?

 CBDは子犬と一緒に安全に使用できます—子供と一緒にCBDオイルを安全に使用できることが示されているのと同じです。

 ただし、犬が小さければ小さいほど、犬は敏感になります。 新しい子犬にCBDオイルを使用する前に、獣医に相談することを常にお勧めします。生後6か月未満の犬と一緒に使用することは避けてください。

 150mgや125mgのCBDオイルなど、非常に効力の低いオイルを使用することもお勧めします。 これらの製品は、誤って数滴余分に与えた場合に最も寛容になります。

最後に

責任あるペットの飼い主として、あなたはあなたの犬が快適であることを注意深く確認すべきです。

 私たちのペットは自分の気持ちを明確に表現できません。CBDを過剰に摂取すると、何が起こっているのかを制御または理解できない動物にとってストレスになる可能性があります。 ペットが適切な量のCBDを摂取していることを確認することが不可欠になってきます。

ペット用CBDオイル→

参考.Daily CBD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です