不安、ストレス、うつ病に対するCBDの利点

CBDは、ストレス、不安、または気分障害と一緒に摂取するのに最適なサプリメントである可能性が示唆されています。

人間が本来持つ内因性カンナビノイドとして知られる身体調整機能に作用し、ストレス反応と気分の調整に重要な役割を果たします。

使用者の中にはCBDの利点をすぐに体験する人もいれば、目立った効果が分かるまで数日間または、数週間オイルを摂取する必要がある人もいます。

CBDの体感には個人差があり、CBDを使用し、その効果を体感しようと試みるときは、辛抱強く粘り強くいることが大切です。使用にあたり、あなたの精神状態をよく監視し、不安を和らげるための他の手段も怠らないようにすることが大切です。

〜不安、うつ病、気分障害に対してCBDオイルに期待出来る効果〜

①GABA活性を高めることで心を落ち着かせる

GABAは脳の主要な神経抑制剤です。つまり、GABAは精神のブレーキペダルとしての役割を担っております。したがって、私たちが不安になったり動揺したりしたときに、精神をより正常でリラックスした状態に戻すのはGABA次第です。

この化合物が脳の活動を抑制しないと、不安やパニック発作、不眠症などの可能性が高まります。

CBDは脳内のGABA受容体と相互作用することにより不安神経症のレベルが劇的に低下するだけでなく、筋弛緩や寝付きの改善などの効果への期待が示されています。(Bakas,T 2017)

②脳内のセロトニンとドーパミンのレベルを調節する

セロトニンとドーパミンは気分と精神状態の調節に関与する重要な神経伝達物質です。これら神経伝達物質の不均等は、不安やうつにつながる可能性があります。

CBDはセロトニン受容体(5HT1A)とドーパミン受容体を刺激するという治験があります。(2011 Grippa,J.A.S)これは脳内のセロトニン活性の増加やドーパミンレベルの増加につながり、不安症状の軽減が期待出来ます。

③脳の炎症を軽減する。

CBDは、神経炎症を軽減し、炎症過程によって引き起こされる損傷した神経細胞の再生を促進することが示されています(Mori,M.A 2017)

④より回復的な睡眠の促進。

レビューペーパーは、2000人以上の参加者に関する研究結果を分析して、CBDや他のカンナビノイドが睡眠に与える影響を調査しました。この研究により、患者の約50%で睡眠の質と持続時間が明らかに増加したと結論付けました。(2007Russo,E.B.)

⑤コルチゾールレベルを下げる

CBDオイルや他のカンナビノイドが、内因性カンナビノイドシステムへの影響を通じて、ストレスの発信源である視床下部を調節することが示されています。(2008 Cota,D)

⑥酸化的損傷から体を保護する

CBDオイルは、体内で有害な作用をもたらすフリーラジカル分子を中和し、それらの有害な影響から体を保護するのに役立つ抗酸化化合物を多く含んでいることが示されています(1998 Hampson)

参考,DailyCBD(Benefits of CBD Oil For Anxiety,Stress&Depression)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です